ブログ

iDeCo+ 検討してみませんか?

今年の5月より
iDeCoに加入している従業員に対して

中小事業主が掛金を上乗せして
拠出することができる
「中小事業主掛金納付制度」が始まりました。

この制度の愛称が
「iDeCo+」
に決定して、
今後も普及をすすめていく流れにあります。

 


↑ロゴも決まりました

 

この「iDeCo+」を導入するには
事業主が
以下の要件を満たす必要があります。

 

☑ 従業員(使用する第1号厚生年金被保険者)が 100 名以下であること

☑ 企業型確定拠出年金を実施していないこと

☑ 確定給付企業年金を実施していないこと

☑ 厚生年金基金を実施していないこと

☑ 労働組合、もしくは従業員の過半数を代表する者に、
中小事業主掛金を実施することについて同意を得る
(労使合意をする)こと

参照:「中小事業主掛金納付制度の概要」iDeCo公式サイト

 

そして、iDeCoの掛金を
給与天引きで納付する「事業主払込」
とすることも必要です。

iDeCoの加入者は100万人を突破し、
少しずつ身近な制度になりつつありますが、

企業の人事や福利厚生の担当の方からは、
企業型DC、iDeCo+、iDeCo・・・
「どれがどう良いのか、そもそも区別がよくわからない」
という声が多いもの。

企業型DC、iDeCo+、iDeCoといった
確定拠出年金制度は
若い従業員の老後資産形成に
とても力になる制度で、

企業においても採用や定着における
アピールポイントにすることができます。

 

さらに、コストや管理の面においても
中小企業で導入しやすくなっているので、
ぜひ活用して欲しい!と思っています。

どんどん進化する確定拠出年金。

今後も制度の違いなどについて、
情報を発信してまいります。

*****************************
~働き方とライフプランの変化に応じた職場づくりで企業も社員も豊かに~
ウェルス労務管理事務所 佐藤麻衣子

■7月20日/日本実業出版社より著書出版
『30代のための年金とお金のことがすごくよくわかって不安がなくなる本』

■Facebookで最新情報をお知らせしています
ウェルス労務管理事務所Facebookページ

■お問い合わせ、執筆・セミナー依頼はこちら

関連記事

  1. 7月20日に本を出版します
  2. iDeCoを使った福利厚生制度
  3. 生きがいを持つことの大切さ
  4. 実践!「VISION ROADMAP」
  5. 教育とライフプラン
  6. iDeCoの前に公的年金を試算する
  7. 「体験」する金融教育
  8. 新年度のご挨拶

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP