ブログ

「横浜健康経営認証」を知っていますか?

2020年4月から
中小企業にも残業時間の上限規制が始まります。

 

企業の規模や業種によっては
対応が難しいと感じることもありますよね。

 

たとえば「社員10人くらいのIT企業で
離職者が出て人手が足りない時期に
大きなシステムトラブルが起こってしまった」

 

そんなときも特別条項の上限時間までしか
残業ができないと考えると切実です。

 

普段から残業を減らす取り組みが大切ですが
働き方を変えるのは簡単なことではありません。

 

取り組む際には残業を減らすことによる
「働く人のメリット」についても
しっかり理解してもらうことが大切です。

 

その最たるものが

「働く人の健康」

 

 

平均寿命がのびて老後が長くなり、
長く働くことが求められる社会では、
健康はお金に代えられない大切な資産です。

 

「社員の健康を大切にして
活き活きと長く働いてもらいたい」

 

そういうメッセージとともに健康経営を進め
長時間労働を減らしながら
ほかの健康増進策も
進めていくことをお勧めしています。

 

そんなとき、ひとつの指標になるのが
認定マークや認証制度。


↑↑↑
くるみんなどが有名です

 

 

両立支援などではおなじみですが
健康経営にも認証制度があります。

 

 

 

ハードルが高いものものありますが、
地域で扱うものなどは手が届きやすく

 

少しずつランクを上げていきながら
取り組みを進めることで
道しるべにもなってくれます。

 

 

残業を減らしながら
従業員の健康診断の補助をしたり
禁煙セミナーを実施したりと

 

さらなる健康増進策も進めて、
取り組みをより有意義なものにしてみては
いかがでしょうか?

 

弊所のある横浜では下記の制度が募集中です^^
☆リンク→「横浜健康経営認証について」

 

 

お読みいただきありがとうございました!
****************************
~働き方とライフプランの変化に応じた職場づくりで企業も社員も豊かに~
ウェルス労務管理事務所 佐藤麻衣子

■日経クロスウーマン 日経doorsアンバサダーブログも更新中!
佐藤麻衣子アンバサダーブログ

■日本実業出版社より書籍発売中
『30代のための年金とお金のことがすごくよくわかって不安がなくなる本』

■最新情報をお知らせしています
ウェルス労務管理事務所Facebookページ
佐藤麻衣子Twitter

フォロー歓迎です!
■お問い合わせ、執筆・取材、セミナー依頼はこちら

関連記事

  1. GビズIDを使ってみました!~社会保険手続きの電子申請~
  2. 職場のコロナ対策チェックリスト
  3. 多様化する女性の生き方 ~日経doors/日経ARIA創刊!~
  4. 就業規則のお問い合わせ、増えています!
  5. 日経xwoman アンバサダー活動始めました!
  6. 36協定や法改正、実はあまり知られていない?
  7. 「仕事がなくなる不安」との向き合い方
  8. 非正規との待遇差へ企業はどう対応する?

最近の記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP