ブログ

ワーク・ライフ・バランスの潜在的なパワー

先週末、(株)ワーク・ライフバランス様が
開講している

『ワーク・ライフバランスコンサルタント
養成講座』を修了しました。

(詳細は、後日書こうと思います)

ワーク・ライフ・バランスは
『仕事と私生活の調和』
と訳されます。

短時間で効率よく成果を出す
働き方を身につけて、

私生活で
いろんな人に会ったり、
自己研鑽をしたり、
家族との時間を過ごしたり…
など、

仕事以外のインプットや
仕事と家庭の両立ができる
社会を目指しています。

今日はワーク・ライフ・バランスには、
それだけでなく、
潜在的なパワーがあると感じた話です。

わたしの趣味はランニングで、
昨日、マラソン大会に参加しました。

今回は小さな湖の周りを
10キロ走るコースだったのですが、

自然の中をもくもくと走っていると、
なんというか、
私の頭の中で、
PCのデフラグをしているような感じになります。

ここ最近の出来事とか、
これからの仕事のこととか、
ごちゃごちゃしていた考えが
最適化されていって、

ゴールをする頃には、
自分の思考がすごくスッキリ!
とします。

そして、
「来週からもっとがんばろう」
「もっとチャレンジしよう」
という気持ちが自然と湧いてきます。

前から感じていたのですが、
走ることと仕事は
あまり関係なくても

思考がスッキリ整理できたり、
前向きな気持ちになったり、
諦めない力が鍛えられたり、
目標までのペース配分の感覚が身についたり、

仕事と違う経験で、
仕事のベースとなるスキルが、
レベルアップしていると感じます。

そんなふうに、
「仕事と違う時間の使い方をしている」
「仕事と違う能力を使っている」
ことによって、

力まずにバージョンアップできるのは、
精神的な負荷もないですし、
楽しい思い出も増えて、
とっても有意義ですよね。

仕事も私生活も時間の使い方は、
人それぞれですが、

仕事だけに時間を注がず、
いろんなものを見たり
いろんな経験して楽しみながら、

ついでに成長をしていけたら、
幸せですね。

(新しいシューズにしました^^)

関連記事

  1. 働き方改革は生き方改革、だからライフプランが必要
  2. 【個人向けメニュー】キャリアチェンジプランニング
  3. 36協定や法改正、実はあまり知られていない?
  4. 2020年、5つの目標!
  5. 9月20日(金)『幸福の「資本」論』読書会に登壇します
  6. 気持ちに寄り添うライフプラン ~引きこもりの高齢化問題~
  7. 戻らない時間の価値を知る ~社会保険労務士になった原体験~③
  8. 日経xwoman アンバサダー活動始めました!

最近の記事

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP