ブログ

在職老齢年金も考えて、じぶん年金づくりを

経営者の方が年金をもらい始める年齢になると、
ご自身の役員報酬を考えるために、
「在職老齢年金」について質問をいただくことがあります。

「在職老齢年金」というのは、

老齢厚生年金を受け取れる人が、
会社で働いて一定額以上のお給料やボーナスをもらっていた場合、

その収入で生活ができるでしょうということで、
厚生年金の全部または一部が受け取れなくなるという仕組みです。

(正確な説明は下記のリンクをご参照ください↓↓↓)

<日本年金機構HP>
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2017/2017040102.html

「ええっ!あんなに高い厚生年金保険料払ったのに、
たくさん収入があると年金が受け取れないなんて・・・
まるで働き損じゃないですか(泣)」

という意見もありそうですね。

年金は民間の保険のような「金融商品」ではなく、
あくまで高齢で働けなくなった時のための所得を補う
「公的保険」の位置づけとなっています。

ですので、働くことができて所得がある場合、
厚生年金は調整されてしまう、というわけなのです。
※基礎年金は調整されません。

これからの時代では、高齢者が長く働く可能性は高いですから、
在職老齢年金のことも、若いうちから理解して将来設計を考え、

確定拠出年金やNISA、個人年金保険なども組み合わせながら、
資金準備をしておくということが大切だと思います。

また、在職老齢年金による調整は、あくまで会社に勤めていた場合ですから、
年金を受け取り始めるときにはフリーランスで働くということも、
選択肢になるかもしれません。

生涯現役社会になっていくと考えると、今まで以上に、
「年金」と「働き方」をセットで考えることが大切になりそうですね。

関連記事

  1. iDeCoの加入者100万人に
  2. 7/1よりはじまる運営管理機関による運用の方法の公表 ~DCセミ…
  3. 確定拠出年金、65歳まで加入へ見直し
  4. 【メディア掲載】ITメディアビジネスオンライン
  5. 企業型確定拠出年金とiDeCoの併用を拡充
  6. 株価が急落!年金積立金の運用に影響はあるの?
  7. 「多様性」に対応できる年金制度
  8. 【日経doors連載5回目】リーマンショックでの経験を通じて

最近の記事

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP