ブログ

70歳まで働く社会、2,000万円の自助努力に思うこと

週末は川沿いのキャンプ場に行き、
水のせせらぎの音に癒されてきました!

 

=========
70歳まで働ける社会に
2,000万円の自助努力が必要
=========

最近は時代の変化を感じさせる
雇用や年金のニュースが多く

 

私自身も仕事をしながら
どんなサービスを提供したらいいかと
考えさせられました。

 

日本の財政は限界
日本型雇用では生き残れない

そんな報道を目にする機会が多いと
ネガティブな気持ちになりますよね。

 

 

でもそうなのかなと。

自然の中でご飯をたべながら
子どもが楽しそうに遊ぶ姿を見ると

お金は使わなくても生きていけるし
ネガティブな気持ちも
幻想なのかもしれないとも思います。

 

仕事では評価制度をつくったり
就業規則を改定したり
確定拠出年金の導入をしているので、

現実問題の難しさも
理解しているのですが

 

「もう日本では生きていけない!」と
いうレベルでネガティブになるのは

過去のライフスタイルを想定したケース
選択肢を国と企業にゆだねたケース
で話が進むからで、

モノがいきわたる生活環境が整っている
個人が人生を選べるようになっている
といういい面をみれば
対応することもできそうに感じます。

 

日本で生きていくのが辛いという人もいますが
ジブリ作品の「火垂るの墓」で
節子が亡くなるシーンを見ると
戦争のあった時代の方がどうしようもなく
先も見えず苦しかったのではないかと思うし

 

女性活躍が叫ばれている現代で
ハラスメントなども問題視されるものの
濱口桂一郎先生の「働く女子の運命」を読むと
昔の女性の雇用環境は今と比べものに
ならないほど厳しいものだったことを知ります。

 

 

どの時代にも生きる大変さはあるもので、
昔より大変なこともあるけれど
良くなっていることもたくさんある。

 

進化というのは
らせん階段を上るように
されていくと言われます。

 

昔は公的年金保険なんてなかったし
雇用も保障されていなかったけれど
社会を支え合おうと
法律が整備されていって今があります。

 

「年金なんてなくなればいい」
「会社は守ってくれない」

 

そんな気持ちになって
全てを諦めてしまうのではなくて、

年金や社会保障のいい面や
会社で働くメリットを活かしながら
少し新しい要素を入れていけば
きっと昔よりいい生き方ができるはず。

 

個人的には、

無意味な転勤とか、ハラスメントとか
通勤とかムダな仕事とか
不合理な賃金格差がなくなり
働くことが辛くない職場が増えて

あたらしいサービスや技術を活かして
収入に応じて豊かに生活する方法が
わかりやすく体系化され
不安なく生活できるようになって

自分のペースで
幸せに働くことができて

子どもを育てることが
困難だと感じることがない社会に
近づいていくといいと思っています。

 

70歳まで働かないと生きていけない
2,000万円ないと老後破産

誰が悪い、ここがおかしいと
ネガティブな議論に
大切な人生の時間を費やすことなく

どうしたらよくなるかに時間を使う方が
よっぽどいい結果につながるはず。

 

私の子どもは今9歳で、
今よりもっと高齢化した社会を
生きることになりますが、

大人が状況を良くするために
時間を使えば使うほど
いい未来を残せます。

 

 

いつの時代でも
「幸せになりたい」と思えて
生きるエネルギーを持っていられることが大切で、

そのエネルギーをなくさないためには
生きているって楽しい!と
感じる時間や心の余白を持つことが必要。

 

色んな報道のあった週の終わり
キャンプをしながら、
そんなことを思いました。

 

また明日から、仕事もがんばります!

↑↑↑キャンプ場の川。水がきれいでした!
@野呂ロッジキャンプ場

*****************************
~働き方とライフプランの変化に応じた職場づくりで企業も社員も豊かに~
ウェルス労務管理事務所 佐藤麻衣子

■最新情報をお知らせしています

ウェルス労務管理事務所Facebookページ
佐藤麻衣子Twitter

フォロー歓迎です!

■お問い合わせ、執筆・取材、セミナー依頼はこちら

関連記事

  1. 景色を楽しむゆとりも大切
  2. 2019年、5つの目標!
  3. 「有給休暇の取得義務化」への対応、していますか?
  4. 健康経営の意義と価値② ~100年ライフの働き方vol.7~
  5. 10月10日 出版記念セミナーのご感想
  6. 雇用と業務委託の違いとは?
  7. 【個人向けメニュー】キャリアチェンジプランニング
  8. 1年で仕事の時間を22時間分くらい節約する方法

最近の記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP