ブログ

就業規則のお問い合わせ、増えています!

朝はだいぶ涼しく
夕方も日が短くなってきて、
季節の変化を実感しますね^^

9月下旬になってから急に
就業規則のお問い合わせが増えています。

 

今から規程を整備するなら、
気にしておきたいのが
雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
いわゆる”同一労働同一賃金”です。

===========
同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金の導入は、
同一企業・団体におけるいわゆる
正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と

非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)
の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と
非正規雇用労働者の間の
不合理な待遇差の解消の取組を通じて、

どのような雇用形態を選択しても
納得が得られる処遇を受けられ、
多様な働き方を自由に選択できるようにします。

☆引用→同一労働同一賃金特集ページ
===========

 

中小企業においては
2021年4月からの施行ですが、

今から追加で契約社員や
パートタイマーの就業規則を作成する場合、

今ある正社員就業規則の労働条件
~たとえば転勤があるとか賞与や手当、
福利厚生制度など~のほか、
仕事の内容や職責も確認しながら

契約社員の位置づけや労働条件を整理したうえで
条文に反映しておくようにご提案しています。

 

 

もし正社員との間に差があるなら、
「なぜ差があるのか」ということを
説明できるように整理します。

※この様な書面で説明するイメージ
↓↓↓

☆ご参考→「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」

 

今から準備しておけば、
これからの人員配置について
じっくり検討できますし、
トラブルも未然に防げますよね。

 

少し手間はかかりますが、
法改正があるからというだけでなく
会社と社員の間の信頼関係のために、

早め早めの対応をして
納得できる説明ができるようにしておくことを
おすすめいたします。

 

☆関連記事→『まずは「手当」をチェック!~不合理な待遇差の解消~』

 

お読みいただきありがとうございました!
****************************
~働き方とライフプランの変化に応じた職場づくりで企業も社員も豊かに~
ウェルス労務管理事務所 佐藤麻衣子

■日経クロスウーマン 日経doorsアンバサダーブログも更新中!
佐藤麻衣子アンバサダーブログ

■日本実業出版社より書籍発売中
『30代のための年金とお金のことがすごくよくわかって不安がなくなる本』

■最新情報をお知らせしています
ウェルス労務管理事務所Facebookページ
佐藤麻衣子Twitter

フォロー歓迎です!
■お問い合わせ、執筆・取材、セミナー依頼はこちら

関連記事

  1. 働き方を変えよう! ~WLBドリームサミット~
  2. 「年金とお金の将来不安をなくそう」セミナーのご感想
  3. 「多様性」に対応できる年金制度
  4. 有給休暇、年5日取得についてのわかりやすい資料!
  5. 【日経doors連載3回目】変化の時代だからこそマネープランが必…
  6. 年金改革のゆくえ
  7. 【取材記事掲載】『日経マネー1月号』
  8. 複業とライフプラン ~出版セミナーをします~

最近の記事

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP