ブログ

Web会議でのコミュニケーションスキル

 

最近、取引先での説明会や打ち合わせ、

セミナーなどでWeb会議システムに触れる機会が増えてきました。

会社の場合は独自のシステムが多いように感じますが、
SkypeやZoomなど、手軽に使えるツールも今はたくさんありますね。

仕事で日常的に活用されて、
マスターされている人もいるかもしれませんが、

仕事内容や会社の文化によっては、
使わない人もまだまだ多いように感じます。

Web会議のツールは様々ですが、共通して大切なことは
相互のコミュニケーションがストレスなく取れていること、だと思います。

当たり前のようですが、

Web会議だと電話や対面と違って、
どう見えてているか、どう伝わっているかということに関する
『経験値』が少ないので、

きちんと対応したつもりでも、

音声や画像の伝わり方、ネット環境の不調などで、
うまくコミュニケーションが取れていない場合もあります。

そのほか、
参加者と初対面の時は名刺交換ができないので、
そういった場合のスマートな対応とか、

画像が共有できない場合の配慮とか、

同意して画面に向かってうなづくとき、
相手を想定してカメラ目線のほうがいいのかとか、
(考えすぎ?)

Web会議にはある程度の経験値が必要だなと、
最近思うのです。

やってみないとわからないのですが、
いろいろなパターンを経験するうちに、

「書き込めるように、ページ番号をふった資料をメールしておけばよかった」とか
「進行の段取りを事前にメールしておけばよかった」とか

「こんな機能があったのか!」などなど

コミュニケーションをスムーズにする方法に気づくことができます。

こんな経験を積み重ねることで、
ホスピタリティがあってスムーズな進行ができるようになるのだと思います。

「Web会議でのコミュニケーションスキル」

これからテレワークが広がるなかで、
マナーとして身につけたいものだなと思いました。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. もう一度確認!残業規制への対応 ~2020年4月より中小企業も対…
  2. 働き方が変われば、生き方も変わる! ~「働き方改革」でライフプラ…
  3. 働き方について、会社に交渉していいの?
  4. 働き方改革がめざす「より良い将来の展望」とは?
  5. 「健康」と複利の効果
  6. 働き方改革関連法案 実務対応が少しずつ明らかに
  7. 9月20日(金)『幸福の「資本」論』読書会に登壇します
  8. HRテクノロジーによる人事の未来

最近の記事

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP