ブログ

確定拠出年金

私は大学生のときに経済学部だったのですが、
卒業論文のテーマが確定拠出年金でした。

その時ちょうど、
適格退職年金の廃止の流れから企業年金への移行の時期で、

卒論のテーマを考えているときに
本屋に資料がたくさんあったからというのが、

テーマを選んだ理由だったのですが、
今それが仕事になっていることを思うと
ちょっと運命的なものを感じます。

日本の社会保障制度はすごいスピードで進む少子高齢化に対して、
制度の見直しが追いついていません。

そこで、

少しずつ自分でも将来のために準備をすることができるよう、
確定拠出年金による自助努力へのシフトが進もうとしています。

確定拠出年金は自分の口座で掛金を管理し、
自分で考えて運用をして、
受け取り方も自分で選ぶことができます。

年金もそうですが、これからの時代、
自分で考えるということがどんどん増えていきそうですね。

関連記事

  1. 「伝わる」継続投資教育とは? ~DCセミナーレポ②~
  2. 株価が急落!年金積立金の運用に影響はあるの?
  3. 「多様性」に対応できる年金制度
  4. iDeCo+ 検討してみませんか?
  5. 【日経doors連載5回目】リーマンショックでの経験を通じて
  6. 8月27日に発表される財政検証とは?
  7. 「受け取る年齢」を考える 
  8. 【7月13日(土)】FPが知っておきたい「働き方改革」~ライフプ…

最近の記事

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP